沿革

1951年 TEAM3名、FEGC3名の計6名の宣教師により、太平洋放送協会の前身となる太平洋東洋放送会社(POBC)が誕生。マニラの極東放送(FEBC)からの中国語福音放送がPBA制作番組の第1号。
1952年
「暗き世の光」が富山の北日本放送から放送開始。まもなく「世の光」となり、民放30局中23局から放送。
1954年 羽鳥明、理事長兼ラジオ牧師に就任。
1960年 11月、財団法人太平洋放送協会が認可される。テレビ「世の光」を長野局から13週間生放送。
1964年 東京オリンピックのこの年、テレビ「世の光」8社29局から放送。
1969年 6月、視覚障害者用テープマガジン「めぐみの声」開始。
1977年 KTWRグアム局から短波放送開始。
1979年 1月〜3月、テレビ「生きる」(13回)をテレビ東京から放送。
1984年 テレビ「みえますか、愛」をテレビ東京を軸に、88年まで数局から放送。
1989年 4月、新「ライフ・ライン」5局から放送開始。
1994年 会長・羽鳥明、理事長・村上宣道、常務理事・榊原寛が就任。
1999年 「ライフ・ライン」放送10周年記念感謝会を開催。(この時点で国内12局から放送)
2001年 創立50周年記念感謝会・ラリー・放送伝道ゼミを開催。
2003年 9月、新スタジオ・編集室完成記念感謝会。
2004年 名誉会長・羽鳥明、会長・村上宣道、理事長・榊原寛が就任。
2005年 「羽鳥明放送伝道50周年記念感謝会」を開催。関根弘興、常務理事就任。
2006年 村上宣道、会長兼理事長就任。
2007年 KTWR日本語放送終了。
2008年 鈴木和子、オフィスマネージャー就任。
2009年 「ライフ・ライン」放送20周年。全国各地で特別イベントを行う。
2011年 4月、一般財団法人への移行認可。 名誉会長・村上宣道、理事長・堀肇、常務理事・鈴木和子が就任。
2015年 会長・堀肇、理事長・神津喜代子、常務理事・矢木良雄就任