smile


被災地放送継続支援献金のお願い

 

PBAパートナーの皆様へ

 

聖なる御名を賛美申し上げます。

いつもPBAのことをお祈りくださりお支えくださって、ありがとうございます。

 

さて、『PBAだより』2月号にて被災地放送継続支援献金のお願いをさせていただきましたが、その記事を見てさっそくご協力くださった方があり、驚きとともに心より感謝をしております。

 

私たちスタッフが2016年に被災地を訪問させていただいた時には、まだまだ進んでいない復興の様子を目の当たりにしました。それとともに、この震災によって傷つけられた心の復興が、まさにこれから必要になってくることを感じさせられました。

 

特に福島につきましては、出口の見えない状況の中でテレビ・ラジオの福音放送がなされていますが、特にラジオにつきましては、ほぼ全額が皆様からの支援金によっているのが現状でございます。つまり、ご支援が途切れれば即、放送休止となってしまうのです。

 

PBAといたしましては、復興途上の一番大切な今こそ、皆様のお力を頂き、福音放送を続けていきたいという思いでございます。

 

今回は、重ねてのお願いで恐縮ですが、東日本大震災の被災地の放送継続のために、さらなる献金のお願いをさせていただく次第です。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

一般財団法人 太平洋放送協会

神津喜代子


「世の光いきいきタイム」で放送された

東日本大震災関連番組をお聴きください

被災地に立つ教会
三浦シュクンさん
キャサリン・ポーターさん
いっぽいっぽ山田(1)
いっぽいっぽ山田(2)
 
ダウンロード
PBAすまいるa.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.6 MB
ダウンロード
PBAすまいるb.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.8 MB